ルセラフィム「Blue Flame」の歌詞に日本語和訳を解説!意味や歌割りも紹介!

LE SSERAFIMのデビューアルバムに収録され、人気を博している曲「Blue Flame」。

タイトル曲の「FEARLESS」にも負けず劣らずの人気のある曲です。

今回は「Blue Flame」の日本語訳&意味、そして歌割りをまとめました!

【この記事で分かること】

  • 「Blue Flame」の日本語和訳と意味
  • 「Blue Flame」の歌割り
  • 「Blue Flame」の読み方

参考になれば、嬉しいです。

【LE SSERAFIMの国別人気ランキングはコチラ】
ルセラフィム人気順ランキング2022!日本・韓国の最新国別まとめ!

ルセラフィム「Blue Flame」の読み方

「Blue Flame」は日本語読みすると「ブルーフレーム」となります!

「Blue Flame」を直訳すると、「青い炎」という意味となります。

タイトル 読み方 意味
Blue Flame ブルーフレーム 青い炎

現在、なぜ「Blue Flame」というタイトルをつけたかは明らかになっていませんが、歌詞などから「目を眩ませて魅了する青い炎のように燃え上がりたいという意味」かな?と推測します。

メンバーのチェウォンとユンジンも作詞に参加しているので、メンバーのデビューに対する気持ちも込められているのかもしれません!

【LE SSERAFIMの名前の由来や意味はコチラ】
LE SSERAFIMの名前の由来や意味を解説!ファン名やあだ名も調査!

まとめ

今回は「Blue Flame」の日本語訳&意味、そして歌割りをまとめてきました!

チェウォンとユンジンも作詞に参加した曲ということもあり、今後「LE SSERAFIM」を代表する曲となっていく可能性がありますね!

日本語訳と合わせて、何度も聞いて見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。